後藤染工( 株) 長坂ソーラー発電所

後藤染工( 株) 長坂ソーラー発電所

後藤 臣彦

 私はソーラー発電所を北杜市長坂町で行っております。
後藤染工( 株) 長坂ソーラー発電所という会社名です。

ソーラー発電所なのに何故後藤染工という名前かというと、もともと家業はニットの染をやっておりました。後藤染工( 株) は当時、ミキハウスの染を一手にやっていた時もありました。それからカーペットの染色に移り、横浜のインターコンチネンタルホテルや帝国ホテルのカーペット、自動車の内装カーペットも扱いました。順風満帆に染色業を営んでおりましたが高度成長期終わり頃の事です。仕事を続けていくには莫大な設備投資が必要でした。
染色の自動化の機械を導入したかったのですが、父の反対で実現せず、染色の仕事は他社に任せることになりました。それから会社は土地やアパートを貸したりして賃貸業を営んでおりました。

何故ソーラー発電に入れ込んだのかと言うと浜岡原子力発電所の作業員が白血病で亡くなったという新聞記事に衝撃を受けたからです。クリーンでエコなソーラー発電を目指し私は命がけで総工費4 億3200万円をかけ太陽光発電所を建設いたしました。
ソーラーパネル設置も安全性が問題視されている所もありますが、当社は住民説明会で心配を解いて反対ゼロで設置されました。雨が降った時の懸念に対し余裕ある調整池を作りました。周りに広葉樹を植えてくれるボランティアの方もいました。皆の力を結集し夢のソーラー発電所が完成し、平成27年5月に竣工式を行い現在に至っております。