会長挨拶

会長挨拶

奈良田 和也

 先週もお話ししましたが、今月は職業奉仕月間です。自らの利益が得られるかもしれないと思ってロータリーに入ってくる人たちは、間違った部類の人たちです。それはロータリーではありません。
 
ロータリークラブの組織では、成すべきことは一つであり、それを正しく行わなければなりません。それは何かというと、理想論かもしれませんが、会員みんなが完璧な友人関係を作り上げなければならないということです。

繰り返しになりますが、ロータリーは会員に利益を与えることはできません。

しかし会員はロータリーから利益を得ることはできます。ロータリーの会員に、お客を紹介する、紹介された会員は誠心誠意、お客さんに対応してお客さんに喜ばれる。会員同士がお客さんを紹介しあえる、それがロータリーにおける友人関係ではないでしょうか。

甲府シティロータリークラブの会員を知り合いに紹介するときには、彼のところは山梨県で1番のところだからと紹介できるようになろうではありませんか、突き詰めるとそれが職業奉仕ではないかと思います。