会長挨拶

会長挨拶

折笠 浩二

 皆さんこんばんわ、先週に引き続いて財団に関する、補助金の種類、ポリオプラス、ロータリー平和センターについて述べます。

 地区補助金には①人道的プロジェクト(奉仕活動を行うための現地への渡航や災害復興活動など)②奨学金(教育機関のレベルや支給期間、専門分野の制約なし)③青少年プログラム(ロータリー青少年交換、ロータリー指導養成プログラムRYLA、ローターアクト、インターアクト等)④専門職業研修チーム派遣の4つがあります。

 グローバル補助金はRC の6 つの重点分野に該当し、持続可能かつ測定可能な成果をもたらす大規模な国際的活動を支援するものです。重点分野とは①平和と紛争予防・解決②疾病予防と治療③水と衛星④母子の健康⑤基本的教育と識字率向上⑥経済と地域社会の発展です。

 ポリオプラスはポリオ(急性灰白髄炎)の感染防止の為RC はこれまで世界中25 億人以上の子供にワクチンを投与する活動を行ってきました。その為全世界の発症率を99.9%減らすことに成功しました。1988 年には35 万件だった発症数も2016 年には37 件となりました。しかし撲滅活動はまだ終わっておりません。活動資金の不足によってポリオ感染率の高い国で予防接種率が低くなるおそれがあります。もし再流行が起きた場合、今後10年間に毎年20 万人以上の子供がポリオに感染する可能性があります。今後ポリオ撲滅に必要な15 億ドルの資金を確保することが課題とされています。全世界でポリオを撲滅する国際的取り組みを200 以上の国と地域にあるRC を中心に奉仕活動をしております。

 最後にロータリー平和センターは世界平和という財団の使命を達成する為のプログラムです。毎年世界中から選ばれる最高100 人のフェローが平和センター提携大学で学び国際関係、平和研究、紛争解決や関連分野での修士号取得、または専門能力開発終了証取得の為に学び、卒業します。彼ら平和センター卒業フェロー達は地域社会や世界各地で平和や紛争解決の推進者として活躍しています。ロータリー財団は皆様からの寄付金を有効活用し、大変な事業活動支援をしています。今宵はこれにて挨拶とします。