ガバナー公式訪問挨拶要旨

ガバナー公式訪問挨拶要旨

RI2620 地区ガバナー 星野喜忠

【自己紹介】
 大月市生まれ東京育ち。曽祖父は静岡県島田市の出身。父は同県藤枝市出身。
職歴 大学卒業後、1967 年~2000 年までトッパン・ムーア㈱(現社名トッパン・フォームズ㈱)勤務。1981 年から6 年間マレーシア合弁会社の総支配人を勤めた。

 退職後、大月市へ帰郷し、現在は国指定重要文化財「星野家住宅」当主/富士納豆製造所代表。祖父が北海道帝大の出身で在学中に納豆菌を学んだことをきっかけに、大月市に納豆製造所を設立。当時(昭和10 年)の山梨県には納豆を食べる習慣がなく、納豆という食文化の伝道からスタート。

【ロータリーと私】
帰郷を機に2001 年、大月ロータリークラブへ入会。祖父の代から3 代目のロータリアン。

【RI会長テーマ・ロータリー賞】
 バリー・ラシンR I 会長のテーマは“BE THEINSPIRATION”(インスピレーションになろう)。ロータリークラブの活動はもとより、個々のロータリアンもその言動や行動を通して、地域社会の人々へも良いインスピレーションを与えられるよう努力しよう。また、クラブ活動を活性化して、ラシンRI会長の掲げる「ロータリー賞」に該当するよう努力しよう。