今年度運営方針

  • 委員長 小川 雅也

    運営基本方針

    例会の管理権者であるという自覚と責任をしっかり持ち、例会運営にあたる。

    重点実施事項

    1. 会員や来訪者の皆さんに満足される例会を提供する。
    2. 壇上で話されている方々の立場に立ち私語は慎む。
    3. 担当委員会と連携を取り例会がスムースに進行できるよう努力する。
  • 常任委員長 長田

    組織の維持発展のために、会員の獲得と、教育、ロータリー情報の共有を図る。

    会員選考・増強委員会

    委員長 長田

    運営基本方針

    より多くの職業からロータリーに勧誘し、ロータリー情報委員長と協力して会員の維持・増強を図る。

    重点実施事項

    1. 退会者防止に強く務める。
    2. 会長・幹事・理事役員は、必ず1人の推薦をお願いする。
    3. 女性の社会進出が目覚ましいので、女性会員の増強を図る。
    4. 他クラブの会員増強の成功例を学ぶ。

    ロータリー情報委員会

    委員長 後藤 臣彦

    運営基本方針

    会員に対しロータリー活動に関する知識や情報を提供し、会員の意識の高揚に努める 。           

    重点実施事項

    1. 新会員のオリエンテーションを実施する。
    2. クラブフォーラムを実施する。
  • 常任委員長 幡野 美好

    楽しい例会、ためになる例会を心がけ、会員同士がより交流を図れる運営を目指す。

    会員に対する情報を提供する。

    広報を通じて社会に本会を認知してもらう。

    例会(にこにこ 出席)委員会

    委員長 幡野 美好

    運営基本方針

    ロータリー活動の基本である例会をスムーズに運営するための活動を実施する。
    出席率の低下を防止し、意義のある例会が行われるように努める。

    重点実施事項

    1. 年間プログラム並びに各月間の周知徹底化を図り、ロータリー月間への理解を深め、活動の充実を目指す。
    2. 出席率低下を防止するため、例会案内を送付する。
    3. にこにこボックス、マナーボックスの運営及び出席ボードの管理をする。

    広報・友好クラブ(雑誌)

    委員長 米山 政彦

    運営基本方針

    各種方法での情報発信を通してロータリークラブへの一般への周知とイメージ向上を図る。           

    友好クラブと合同例会を開催し親睦を深め相互の連携と情報共有を図る。

    重点実施事項

    1. ホームページの維持・保守
    2. 友好クラブとの合同例会の開催
    3. ロータリーの友を購読する事の意義と重要性の周知

    クラブ会報委員会

    委員長 深澤

    運営基本方針

    基本方針「絆を深めロータリー活動を活性化しよう」に則り、「クラブの活動記録」を会員に伝え、当クラブの活動内容や思いを会員相互に共有、共感し絆を深め活動の活性化につながる発刊に努める。

    重点実施事項

    1. 毎週発刊を心掛け当クラブのロータリー活動や思いを会員に発信する。
    2. 各委員会の担当例会の記事報告の提出徹底とスムースな会報発行に努める。
    3. 担当例会の実施

    親睦

    委員長 井上 清美

    運営基本方針

    会員及び会員家族の交流を通じて、会員相互の信頼関係をより強固なものにする。
    そのための親睦活動を計画し、実行する。

    重点実施事項

    1. 親睦担当例会は、会員や家族が参加したくなるような楽しい例会を目指す。
    2. クラブの親睦活動に、配偶者及び家族への参加を呼びかける。
    3. 慶事への対応を行う。
  • 常任委員長 坂本 茂晴

    国際ロータリーの意義を理解し、国際社会に貢献する。

    国際奉仕委員会

    委員長 坂本 茂晴

    運営基本方針

    ロータリアンとして、国際的視野を広げ国際親善から国際平和を推進する。

    重点実施事項

    1. 国際親善に関する情報収集と会員への啓蒙。
    2. 青少年交換事業に協力する。
    3. 外部卓話を実施する。

    財団・米山委員会

    委員長 平田

    運営基本方針

    ロータリー財団、米山記念奨学会についての理解を深める。

    重点実施事項

    1. ロータリーカード加入の推進
    2. 米山奨学生への理解
  • 常任委員長 吉澤 宏治

    地域社会における諸問題に対する責務を遂行するうえに役立つ指導と、援助を与える方策を考案企画する。

    社会奉仕委員会

    委員長 吉澤 宏治

    運営基本方針

    クラブ細則に基づき、地域社会の発展に資する活動を行うとともに、社会奉仕に対する会員の相互理解を深める。特に、山梨での避難生活を続ける東日本大震災の支援活動を通じ、地域における助け合いの精神の重要性を再確認する。

    重点実施事項

    1. 会員参加型により、大震災被災者への援助に資する活動を行う。
    2. 社会奉仕に対する会員の意識を啓蒙し、さらに相互理解を深めるための場を設ける。
    3. ささやかながら、これまで培ってきた地域社会への奉仕活動を継続する。
  • 常任委員長 小澤 義彦

    職業を通じて、時代を生き抜く力を学ぶ。

    職業奉仕委員会

    委員長 小澤 義彦

    運営基本方針

    職業奉仕の意味を理解し、実践につなげられるようにする。

    重点実施事項

    1. 会員各自の実施している職業奉仕を発表してもらい、ほかの会員が役立つ機会を作る。
    2. 山梨県立大学における講義を実施する。
    3. よろず相談会を実施する。
  • 常任委員長 廣瀬 芳弘

    地域社会における青少年問題に対する諸責務を遂行するうえに、役立つ指導と援助を与える方策を考える。

    青少年奉仕委員会

    委員長 廣瀬 芳弘

    運営基本方針

    青少年奉仕活動について会員の理解を深め、積極的に活動への参加を促す。

    重点実施事項

    1. 山梨英和高校IACへの支援
    2. 県立看護大学へ奨学金の給付 
    3. 担当例会の実施 7/11、10/3、1/23、5/22